お茶の淹れ方

まずは基本の淹れ方を身につけましょう。少しの“てまひま”と“待つ時間”がお茶をグッと美味しくしてくれます

STEP1

人数分の茶碗にお湯を注ぐ

2~3分沸騰させたお湯を人数分の茶碗(100mlぐらい)に注ぎ、淹れるお茶に適した温度まで冷まします。

お湯は器を移すごとに5~10℃下がる
といわれています

STEP2

急須に茶葉を入れる

お茶の量は、1人当たり約2~3g(ティースプーン1杯程度)が目安。人数に応じて量を調整しましょう。

ひとりの時は少し多めの 4~5g
5人以上の場合は1人あたり2g と
やや少な目に

STEP3

湯のみのお湯を急須にうつす

適温に冷ましたお湯を、静かに急須に注ぎ、1分ほど蒸らします。

普通煎茶で1~2分、深蒸し煎茶で
30秒~1分が目安です

STEP1

均一になるようにお茶を注ぐ

お茶の量や味が均一になるようにゆっくり 「廻し注ぎ」で少しずつ注ぎます。

最後の一滴は「ゴールデンドロップ」とも
呼ばれ、おいしさが詰まっているので
残さず注ぎ切りましょう

2煎目以降は…

煎茶や玉露は2煎目、3煎目も味わうことができます。すでに茶葉が開いているため、1煎目よりも高温のお湯を入れ、時間をおかずに注ぐのがポイントです。